この志望をかなえる医学部専門の予備校は、都心からやや離れた落ち着いた住宅街にあります。最寄駅からも徒歩で10分以内にあり、非常に交通の便もいい場所にあります。また校舎もそのエリアに5つあり、学力のレベルごとに分かれています。これは、学生にとって、自分の学習能力をはかる上で、わかりやすくするためであります。また、上のクラスに行きたいと思う新たな向上心にも繋がるところでもあります。ここの予備校の特徴として、基礎学力としての全科目の強化は、もちろんですが、先生たちが、毎年の大学ごとの試験で出題される問題の傾向を細かく分析して、医学部に確実に入学できるようにサポートしています。またすぐ近くに浪人生のための寮があり、そこで、よく理解できない試験問題については、授業以外の時間でも先生たちが、相談にのってくれるというメリットがあります。

医学部受験のための予備校

超難関の大学の医学部を突破するために、ほとんどの受験生が予備校に通って受験勉強をしています。医学部受験専門の予備校もあります。学校の近くに寮やマンスリーマンションがあり、遠方に住んでいる浪人生は寮やマンスリーマンションで生活しながら受講勉強ができます。朝8時の英語テストから始まり、夕方6時までみっちり授業があり、さらに夜7時から夜中の12時までは個別指導の授業があります。土曜日や日曜日などの休みはなく、ほぼ毎日続きます。講師はたくさんの受験生を医学部に送り出してきた専任講師で、受験勉強のノウハウを伝授してくれます。予備校によって特色は違いますが、生徒同士で勉強をしたり教えあったりするのを禁止している学校もあります。そうすると気が緩んだり、自分で考える力を養えなくなり、受験失敗に繋がるのだそうです。

医学部の予備校について

医学部の予備校というのは、国公立や私立大学医学の、一般入試や推薦入試などの対策を行っているところです。学科試験だけではなく面接のポイントや、小論文の対策などもしてくれるので一人で勉強していてはわからないようなことも教えてくれます。一口で予備校といっても、費用も違うし内容も違います。個人的に指導してくれるところや寮があるところもあるので、どこが良いかというのは自分の生活スタイルなどに合わせて選ぶのが一番です。もちろん勉強を教えてくれるというのは、どこも同じなのですが教え方や講師は違うので、他人が良いといっていて評判がいいところでも自分には合わないということもあります。いくら良いところでも自分に会わないとなかなかうまくいかないものです。なので、とりあえず見学にいってから決めるというのが良いのではないかなと思います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*